1. >
  2. テイルズ・オブ・鼻のぶつぶつ

テイルズ・オブ・鼻のぶつぶつ

この国では、肌色が透き通るように明るくて淀んだくすみや茶色いシミの存在しない状態を最良とする習慣が前から根付いており、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるほどだ。

肌細胞の分裂を活発化させて、お肌を生まれ変わらせる成長ホルモンは明るい時間の活動している時はほぼ分泌されず、日が暮れてからゆっくりと体を休め落ち着いた状態で分泌されるからです。

中でも寝る前の口腔内のお手入れは大切。蓄積されたくすみを取り除くため、就寝前はきちんと歯磨きをしましょう。ただし、歯磨きは何回も行えば良いというものではなく、内容の質をアップさせることが肝心です。

メイクアップのデメリット:皮ふへの影響。毎日化粧するのはうっとうしい。化粧品の費用が結構嵩む。物理的刺激で皮膚が荒れる。お直しやお化粧をするので時間の無駄だ。

心臓から離れた位置にある下半身は、重力の関わりでリンパ液の循環が滞留することが普通だろう。というよりも、下半身のむくみはリンパ液がわずかに滞っていますよという表れに過ぎないのである。

化粧の利点:外見が向上する。メイクもマナーのひとつ。本当の年齢より大人っぽく見える(24才以下に限った話)。人に与える自分の印象をその日の気分で変えることが可能。

本来28日周期のターンオーバー(新陳代謝)が狂うと、ありとあらゆるお肌の老化現象やトラブルが起こります。目元などのしわ・濃くなっていくしみ・顔色の冴えないくすみ・くま・弛み・吹き出物・乾燥など、挙げたらキリがないでしょう。

アトピーという病名は「不特定な場所」という意味を持つ「アトポス」というギリシャ語から派生して、「何かしらの遺伝的素因を持つ人に診られる即時型のアレルギー反応に基づいた病気」を表すものとして名付けられたと考えられている。

日本の医学界全体がクオリティ・オブ・ライフ(QOL=生活の質)を重視する風潮にあり、物づくりに代表される経済の熟達と医療市場の急速な拡充により、容貌を自分好みに変化させられる美容外科(Plastic Surgery)は2000年代に入ってから人気のある医療分野であることは間違いない。

早寝早起きと同時に7日間で2、3回楽しい事をすると、心と体の健康度合いは上がります。このような事例があり得るので、アトピー性皮膚炎の患者さんは皮ふ科の医院を受診しましょう。

私たちが「デトックス」の虜になる理由として考えられるのは、我々日本人が暮らしている環境の悪化だ。空気や土壌は化学物質で汚染され、穀類や野菜などの食物には作用の強い化学肥料や農薬がたくさん含まれていると噂されている。

睡眠時間が足りないと皮ふにどんなダメージをもたらすかご存知ですか?その代表格がターンオーバー(新陳代謝)が遅れること。正常なら28日毎にある皮膚の入れ替わるサイクルが遅れがちになります。

リハビリメイクという言葉には、体にダメージを被った人のリハビリと同じく、顔などの外見に損傷をこうむった人が社会へ踏み出すために学習する手技という意味を含んでいます。

スポーツなどで汗をたくさんかいて身体のなかの水分が著しく少なくなると自然に尿の量が減らされて汗のための水分がストックされるために、この蓄積分の水分が使われずにあのむくみの原因になっているそうです。

いずれにしても乾燥肌が暮らしや環境に深く関係しているというのなら、いつもの些細な慣習に注意するだけである程度悩みは解消するでしょう。

ドライスキンとは、お肌(皮膚)の角質細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が標準のレベルよりも低落することで、お肌にある水分が蒸発し、肌の表皮がパリパリに乾燥する症状を言い表しています。

日本の医療がQOL(quality of life)を大切に捉える風潮にあり、物づくりに代表される経済の円熟と医療市場の大幅な巨大化により、美容外科(Cosmetic Surgery)は数年前から非常に人気のある医療分野であろう。

美白もしくはホワイトニングというのは、黒色色素が薄く、より一層白い肌を重視したビューティー分野の価値観、あるいはそのような状態のお肌のこと。大抵は顔の皮ふについて使用される。

深夜残業、終電帰りの食事会、深夜に及ぶスポーツ中継・翌日の幼稚園のお弁当や食事の支度…。肌が荒れるということは知っていても、本当は満足できるだけの睡眠時間を持てない人がほとんどではないでしょうか。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーに似た反応といわれる事のうち特に表皮の激しい炎症(かゆみ等)が伴うもので要は過敏症の仲間である。

美容目的で美容外科の施術をおこなったことに対し、恥ずかしいという感情を持ってしまう人も割と多いため、手術を受けた人の名誉とプライバシーに損害を与えないような注意が必要だといえる。

近頃人気の頭皮ケアは通称スカルプケアとも呼ばれます。スカルプは髪の毛の悩みの種である抜け毛や薄毛などにとても深く関係していると同時に、顔の弛みにも影響を及ぼすと考えられています。

口角がへの字型に下がっていると、顔のたるみは段々悪くなります。キュッと左右の口角を上げて笑顔を心がければ、たるみの予防にもなるし、何より人に与える印象が良くなりますよね。

さらに、肌のたるみに深く関わっているのが表情筋。喜怒哀楽の様々な表情を作っている顔に張り巡らされている筋肉のことです。真皮に存在するコラーゲンと同じく、この表情筋の機能も老化にともなって鈍くなるのです。

頬やフェイスラインの弛みは老けて見られる原因です。お肌の張りや表情筋と呼ばれる筋肉の緩みがたるみを招きますが、加えて日常生活の何気ない癖も原因となるのです。

メイクの欠点:泣くとまるで阿修羅のような恐ろしい顔になる。わずかにミスするとケバケバしくなって地雷を踏む。顔の造形をごかますのには骨が折れる。

スポーツなどで汗をたくさんかいて身体のなかの水分が減少してしまうと尿が減らされて体温調節に必要な汗用の水分が蓄えられるため、この余計な水分そのものが結果として浮腫みの原因になっているのです。

下まぶたの弛みの改善策で有効なのは、顔面のストレッチです。顔面の表情筋は知らない間に固まってしまったり、その時の精神状態に関係している場合があります。

お肌のターンオーバーが狂ってしまうと、色々な肌の老化現象や肌トラブルが起こるようになります。老けて見られるしわ・濃くなっていくシミ・顔色の冴えないくすみ・くま・弛み・ニキビ・乾燥など、言い出せばキリがないくらいです。

たとえば…あなたは今、パソコンを見つつ頬杖をついていますか?実はこの癖は手の力を目一杯頬へ伝えて、皮膚に大きな負担をかけることになります。

ページのトップへ戻る